脇汗 体臭

ワキガになりやすい人、ならない人の違いと対策

ワキガに悩む女性

汗をかくと、ワキガが気になる体質の人、まったく気にならない人と大きく異なることがあります。生まれ持った体質、生活習慣、ワキのケアの仕方など、さまざまな要因があると考えられます。

 

ワキの汗は二種類の汗腺から出てきます。エクリン汗腺アポクリン汗腺があり、どちらの汗腺が発達しているかでワキガの臭いがするかしないかが大きく変わってくるのです。

 

ワキ以外の腕や脚、顔、おしりなどほとんどの汗腺がエクリン汗腺です。臭いは無臭で、少し塩分が入っているくらいで、ほとんどが水分で、1%ほどが塩分となります。

 

アポクリン汗腺はワキ、耳、乳首、陰部など特定の場所にある汗腺です。アンモニア、鉄分、糖質、たんぱく質、脂質など臭いのもととなる成分が入っています。

 

そのため、アポクリン汗腺が活発な人はワキガになりやすい体質といえます。汗の黄ばみが気になるのも、この成分のせいなのです。

 

とはいっても、出た瞬間から臭うものではありません。
その汗を放置していると、菌が繁殖して臭いを発生させてしまうのです。
特に衣服などについてしまうとなかなかとれないやっかいな成分です。

 

ワキガを防ぐ対策としては、汗をかいたらこまめにウェットシートで優しくふき取ること。
菌が増える前にふき取り、常に清潔な状態にしておきましょう。また、衣服を変えることも効果的です。

 

外出先で着替えることは困難ですので、あらかじめ消臭下着、消臭衣服という商品も売っているのでそれを着ていると効果的です。最近ではワキガの人の為の専門のデオドラントも売られております。そういった専用のわきが対策クリームなどでケアすることもおすすめです。

 

また老廃物が体内にたまっている人はねっとりとした汗をかきやすいですが、反対に定期的に運動をしている人はさらっとした無臭の汗になることが多いです。ワキガが気になる人は、運動を適度にして体内から老廃物を流すようにしましょう。

 

食べ物も同じで、ラーメンや肉、欧米食を中心とした食生活を続けているとワキガになりやすい体質となります。魚や野菜など日本食を中心に、バランスよく食べるようにしましょう。

 

ワキガの対策法として、食事の改善や毎日のマメなケアが必要になります。
ワキガは遺伝的な要因も関係するので、努力をしても改善されない場合は、専門のクリニックなどで治療する方法もあります。

 

ワキガ治療は、傷が残ったり高額であったりという話もありますが、最近ではそういったケースも少なくなってきており、料金も低価格になってきております。
自分自身の体をよく確認して、治療を検討してみることも良いでしょう。

 

 

 

昔から汗っかきで夏になれば全身汗まみれ、
ちょっと動けば脇の汗がべっとりとして本当に臭く、恥ずかしさと不快感でいっぱいでした。

 

そんな私の生活には制汗剤は手離せないものです。親にも私の汗の臭さを心配されていたので、制汗剤を切らさないようにいつも気を遣われて有り難いやらみっともないやらでした。

 

制汗剤は色々なタイプのものを使っていましたが、スプレータイプが一番スタンダードで使いやすく、いつもシュコシュコかけていました。しかし、かけてもかけてもきりがなく、その場では汗の臭いは治まるのですが、予防してくれるものではありません。

 

そして、あまり肌が強い方ではないので、制汗剤をかけることにより、汗腺が詰まって肌荒れや痛みを起こしてしまいました。それでも他に変わるものはないので塗るタイプなども試しながら使い続けてきました。
制汗剤があるのとないのとでは夏の安心感が違います。とにかく臭いを抑えることにやっきになっていました。

 

そして年齢が進むにつれ、体臭の臭いはさらにきつくなっていき、臭いに関する悩みも増えていく中で、安心安全で思う存分制汗剤を使うために、何か安く抑えられる素材で制汗剤を手作りできないかと考え始めています。

 

インターネットで調べていると、ハッカ油というものが話題になっていました。
このハッカ油というものを使って、簡単に自然素材の制汗剤が手作りできるそうです。

 

スースーして気持ちよく、また、体にもいいということで、とても気になるものでした。
ハッカ油がいいということなら、ハーブのミントが使えないかとさらに調べてみることにしました。

 

家の花壇に色々なハーブが生えていて、生育力旺盛なミントはびっしり生えているのにあまり使い道がありません。ぜひ使いたいと思っていたら、ミントを使った制汗剤の作り方も紹介されていました。

 

アルコールで成分を抽出するか、お茶のように濃いめに煮出すやり方か、どちらにしてもとても簡単に作ることができます。まだ試してはいませんが、手作り制汗剤で快適に汗の悩みを解決できたら、と期待が高まるばかりです。

 

 

私は今年42歳になります。夏場ではなくとも年齢的に加齢臭対策も含めて考えないといけない年代にさしかかっています。

 

実際のところ、家族からは汗をかいたときのにおいがきついから仕事に行くときは気を付けたほうがいいよといわれています。特に頭と脇下、あとはシャツに染みついた汗のにおいというところです。

 

まず頭ですがこれについては男性用のシャンプーを使っています。毛根の中からきれいにするためのシャンプーです。さらに専用のブラシをセットで購入してにおいのもとから絶つように心がけています。

 

何しろもともと加齢臭のところに汗が加わるわけですから。夏場は朝もシャンプーをすることにしています。そして、脇を中心にした全身やシャツに染みついた汗のにおいです。これについてはいろいろ対策を立てています。

 

まずは何といっても汗のにおいをどれだけ残さないかということです。まず朝起きるともともとエアコンを使わずに寝ていますので起床時は汗だくです。ですから前述の通り、シャンプーもしますが体の汗もきっちり洗い流します。

 

そして、スーツを着る前に制汗デオドラントウォーターを全身に塗ることを欠かしません。このデオドラントウォーターを購入する際にもどんなものがいいか非常に悩みました。

 

あまりにもにおいがきつすぎると毎日使うものなので逆に周りに悪影響という感覚を持っていたからです。そこで選んだのがアクアソープという石鹸の香りであまり臭いがきつくないものです。

 

これであれば、脇の下、首筋腕などに塗ってもあまりきつくありません。かつ、汗をかいた後でもその匂いが混合しても周りに影響もないというところが非常に気に入っています。

 

今では夏場だけではなく、一年中この制汗デオドラントウォーターを常に利用することで体臭そのものをおさえるものとして利用しているくらいです。

 

冬場は店頭で販売していないのでインターネットでまとめて購入してストックしています。

 

 

夏は気温と湿度が高いので、汗やにおいに悩まされます。
涼しい室内で動かずにいればほとんど汗はかかないのですが、外へ出て少し歩いただけで、じっとりと汗ばんで不快な気分になります。

 

顔や背中から流れるようなサラサラした汗というよりは、じわっとにじみ出るような感じの汗のかき方で、服の背中や胸元が張り付くような状態になってしまいます。

 

日頃そんなに運動もしないので、身体の発汗する機能が落ちているということなのかなとも思います。汗をかくとにおうんじゃないか、と思うのですが、自分で自分の匂いに気づくことができないときがあります。

 

ワキに顔を近づけてみてはじめてニオイに気づくということがよくあります。
でも、きっと周りの人はそれよりも前に気づいていますよね。それを思うと、恥ずかしくなります。

 

なるべく出かける前には制汗スプレーをして行きますが、時間がたつと効果が薄れて汗が出てきてしまいます。小さめのスプレーやデオドラント剤を持って歩いていても、人前では使いにくいですから、化粧室で使うことになります。

 

汗をかいても必ずしもすぐに化粧室に行けるわけではないので、そこまで頼りになるものではないような気がします。
身体もそうですが、顔も汗をかくと、ファンデーションと混ざったようなにおいがして不快です。これは周りよりも自分自身が感じやすいニオイのような気がします。

 

特に汗のかきやすい鼻や鼻の下あたりからメイクが崩れてきて、そこからのニオイが鼻についてきます。顔は制汗スプレーなども使えず、タオルやハンカチで汗を拭いてもニオイまでは取れないので、とても困ります。
何か顔の汗にも使えてニオイも取れるようなアイテムがあればいいのにな、という気はします。

 

なかなか抜本的な解決法を見つけられないでいます。
まめに汗を拭くことや、スプレーを携帯するようにすることくらいしか対策ができていないです。汗のニオイは体質的なものもあるのかな、という気がします。日頃の運動不足も影響しているかもしれませんね。

 

ワキガや脇の臭いでお悩みならこちらの記事を参考に:ワキガになりやすい人、ならない人の違いと対策

 

手汗や脇汗などは臭いの元となります。汗かきな人ほどこれに対してコンプレックスを持っているのではないでしょうか。しかし脇汗や手汗を完全に押さえる方法はありません。

 

専門のクリニックなどで手術を行えば改善することはありますが、副作用や費用、期間を考えれば誰でも受けられるというわけでもありません。

 

そもそも汗そのものはにおいの強いものではありません。汗をかくとその中で菌が繁殖しやすく、その菌が発する臭いが原因なのです。であれば臭いの元を除去するか、菌の増殖を抑えることが最も臭いを出さずに過ごせる方法といえます。

 

脇汗パットなども効果的ですが、汗を吸収させる方法は臭いを抑える事にはなりません。
消臭効果を持った銀イオンや銅イオンなどを含むスプレーなどと併用することがおすすめです。

 

また意外ですが、脇だけではなく手汗も臭いを発します。
手汗はトイレなどで洗うことで菌の繁殖を押さえることは簡単ですが、逆に手でさわった場所に汗が付着した場合、そこで繁殖してしまう可能性があります。頻繁に除菌を行う事がもっとも効果的です。

 

手や脇以外でも汗によって臭いを発する箇所は多くあります。足のにおいもその一つです。
足の場合は靴や靴下によって蒸れてしまうことで、菌の繁殖を 増進してしまうため、自宅に帰ると干すか、風の当たるところで乾燥させることが重要です。
それが難しい場合は靴用消臭スプレーを利用することをお勧めします。

 

そして特に女性にとって非常に悩みの種であるデリケートゾーンの臭いは原因の追求が必要です。まず第一に清潔であることが前提です。

 

実は女性のデリケートゾーンは石鹸などで洗わずとも菌の増殖を抑え、清潔に保ってくれるようにできています。それを無理にボディーソープや石鹸で殺菌してしまうと本来住み着いている重要な菌まで洗い流してしまうことになります。

 

それによりかえって菌の発生が促され臭いが出やすくなります。洗いすぎだと感じた場合は少し控えめにすることが効果的です。