夏,顔汗,脇,ニオイ

夏の季節の脇や顔の汗とニオイが気になる

夏は気温と湿度が高いので、汗やにおいに悩まされます。
涼しい室内で動かずにいればほとんど汗はかかないのですが、外へ出て少し歩いただけで、じっとりと汗ばんで不快な気分になります。

 

顔や背中から流れるようなサラサラした汗というよりは、じわっとにじみ出るような感じの汗のかき方で、服の背中や胸元が張り付くような状態になってしまいます。

 

日頃そんなに運動もしないので、身体の発汗する機能が落ちているということなのかなとも思います。汗をかくとにおうんじゃないか、と思うのですが、自分で自分の匂いに気づくことができないときがあります。

 

ワキに顔を近づけてみてはじめてニオイに気づくということがよくあります。
でも、きっと周りの人はそれよりも前に気づいていますよね。それを思うと、恥ずかしくなります。

 

なるべく出かける前には制汗スプレーをして行きますが、時間がたつと効果が薄れて汗が出てきてしまいます。小さめのスプレーやデオドラント剤を持って歩いていても、人前では使いにくいですから、化粧室で使うことになります。

 

汗をかいても必ずしもすぐに化粧室に行けるわけではないので、そこまで頼りになるものではないような気がします。
身体もそうですが、顔も汗をかくと、ファンデーションと混ざったようなにおいがして不快です。これは周りよりも自分自身が感じやすいニオイのような気がします。

 

特に汗のかきやすい鼻や鼻の下あたりからメイクが崩れてきて、そこからのニオイが鼻についてきます。顔は制汗スプレーなども使えず、タオルやハンカチで汗を拭いてもニオイまでは取れないので、とても困ります。
何か顔の汗にも使えてニオイも取れるようなアイテムがあればいいのにな、という気はします。

 

なかなか抜本的な解決法を見つけられないでいます。
まめに汗を拭くことや、スプレーを携帯するようにすることくらいしか対策ができていないです。汗のニオイは体質的なものもあるのかな、という気がします。日頃の運動不足も影響しているかもしれませんね。

 

ワキガや脇の臭いでお悩みならこちらの記事を参考に:ワキガになりやすい人、ならない人の違いと対策