汗 手作り 制汗剤

汗の悩みを解決する手作り制汗剤

昔から汗っかきで夏になれば全身汗まみれ、
ちょっと動けば脇の汗がべっとりとして本当に臭く、恥ずかしさと不快感でいっぱいでした。

 

そんな私の生活には制汗剤は手離せないものです。親にも私の汗の臭さを心配されていたので、制汗剤を切らさないようにいつも気を遣われて有り難いやらみっともないやらでした。

 

制汗剤は色々なタイプのものを使っていましたが、スプレータイプが一番スタンダードで使いやすく、いつもシュコシュコかけていました。しかし、かけてもかけてもきりがなく、その場では汗の臭いは治まるのですが、予防してくれるものではありません。

 

そして、あまり肌が強い方ではないので、制汗剤をかけることにより、汗腺が詰まって肌荒れや痛みを起こしてしまいました。それでも他に変わるものはないので塗るタイプなども試しながら使い続けてきました。
制汗剤があるのとないのとでは夏の安心感が違います。とにかく臭いを抑えることにやっきになっていました。

 

そして年齢が進むにつれ、体臭の臭いはさらにきつくなっていき、臭いに関する悩みも増えていく中で、安心安全で思う存分制汗剤を使うために、何か安く抑えられる素材で制汗剤を手作りできないかと考え始めています。

 

インターネットで調べていると、ハッカ油というものが話題になっていました。
このハッカ油というものを使って、簡単に自然素材の制汗剤が手作りできるそうです。

 

スースーして気持ちよく、また、体にもいいということで、とても気になるものでした。
ハッカ油がいいということなら、ハーブのミントが使えないかとさらに調べてみることにしました。

 

家の花壇に色々なハーブが生えていて、生育力旺盛なミントはびっしり生えているのにあまり使い道がありません。ぜひ使いたいと思っていたら、ミントを使った制汗剤の作り方も紹介されていました。

 

アルコールで成分を抽出するか、お茶のように濃いめに煮出すやり方か、どちらにしてもとても簡単に作ることができます。まだ試してはいませんが、手作り制汗剤で快適に汗の悩みを解決できたら、と期待が高まるばかりです。